読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積みゲー雑記 ver.2.31

得意なことはゲームを積むことです。

カオスチャイルド

先ほどトゥルーをクリアしたのでレビューを書こうと思う。
年内にこの記事を投稿できて嬉しい。
正直、まわりがどんどんクリアしていくから焦ってたけど…



カオスチャイルド

f:id:Gorobon:20141230040449j:plain


もう何ヶ月も前から楽しみにしていたこのソフト
ついに遊べる日がやってきた!
スマブラWiiUが発売されたのが昔のように感じるんだけどまだ一ヶ月も経っていないんですよねぇ…
本当に長かった




※ネタバレ全開で行くから注意






まず一周目
ニュージェネの再来事件を追って拓留が事件に巻き込まれて行く
第二の事件までは傍観者でしかなかったのだけども
第三第四で目撃者に変わる
そして調べていくうちに事件が僕らを追ってきてるのではないのか?という疑問がでてくる
パイロキネストの襲撃があり、疑問から確信に変わり、拓留達は結束を深めるわけですが
第五の事件で悲惨な事件が
結衣ちゃんが被害者となるわけです
フラグは立っていた
・能力者
・拓留の妹
だけど僕は言われるまで気づかなかった
こういうのって推理物読んでるようなやつじゃないと気づかないのでは?
僕が鈍いだけ?

伊藤が宮代くんに電話をかけてきたときに
結衣ちゃんを治して連れて行く
って言葉を聞いたときは息を飲んだ
伊藤が犯人?え?え?
あんないい奴が犯人なわけがない
でも猟奇的な事件に興味あるしつまり…ゴクリ…

あとで伊藤は洗脳されてただけだって分かったときは安心した
他√で事件について話すんだけど
事件のことを全く覚えてないだけではなく自分が結衣ちゃんを殺したという事実さえ認識できていない
無罪を主張してくれたのはいいけど何も覚えてないというのは…
トゥルーでは伊藤君は医療少年院を出たあと社会復帰できるらしい
それだけでぼくは嬉しい

ホモではなかったけど歴代一位くらいの好感度が持てた

結衣ちゃんの悲しい事件のあと、拓留は家族の大事さを思い知り
こんな悲惨な事件が2度と起きないように来栖も拓留に協力して新聞部の協力をしてくれるようになる

第五の事件が起きたことでニュージェネの再来事件は終わっていないことを物語る
犯人は別にいる

犯人はギガロマニアックスで特殊能力を持っている
拓留達は犯人の能力
思考誘導、思考盗撮
と予想して事件を考察する

会議でも何も決まらず犯人の目的が分からないままま、第六の事件の日付が…

犯人が拓留にゲームを挑んで来てるのではないかと考えてみたがそれはないと頭を振る
伊藤の件があって身内にも犯人がいるのではにいかと特定してみる
・来栖
・尾上
・拓留

この中に犯人がいるとしたら最悪だ
特に来栖なんかは隠し事してたみたいだし怪しすぎると思ってたんだが
拓留が家に帰ると来栖がいない
事件の日付になってるのにいない
来栖が何かに気づいたことを感じ取った拓留は
手がかりを元に必死に調べるが何も分からず
こっちみんなの動画の中に
尾上が持っていたゲロかえるんの音が紛れ込んでいたことに気づいたときには時でに遅し

学校の屋上で来栖が尾上に刺されるのを目撃してしまう

来栖の生死が気になってたんだけどもそんな状況じゃなくなってしまう
拓留がニュージェネの再来事件の犯人として全国指名手配されてしまう

世莉架視点になると共犯者との会話のやり取りが流れる
犯人の声はぼかされているが
口調はどこかで聞いたことのある話し方
これバンちゃん?
かと思ったんだけど違った

拓留のお父さんである佐久間亘だった

佐久間だと分かったときは結衣ちゃんが本当に可哀想だと思った
父親が仕組んだことによって殺されるなんて…

拓留はフリージアに匿ってもらうが久野里の口論中に逃げ出してしまう
神成さんの助けがあったのになにやってんだ
このままタイーホですか
諦めたときに現れたのがゲンさん

最後まで正体不明だったけどいい人だった
再び匿ってもらい、あとは逃げるだけだったのだが追い打ちが

佐久間による拓留の公開自殺宣言がニュースで流れる
逃げ続けるのも手だったが
世莉架を心配した拓留は佐久間の待つヒカリヲへ向かう

行く途中は力士シールのマスクを被ってやり過ごす

無事、ヒカリヲへたどり着いた拓留は佐久間との最終決戦が幕を上げる

世莉架に聞いたことがあったのに拓留は世莉架を殺してしまう
その後に佐久間登場

激しい妄想攻撃に襲われるもギガロマニアックスとして覚醒した拓留は打ち勝ち、
佐久間を殺してジエンド

あとは自首して終わり…ということになっていたが世莉架が実は死んだふりをしていて
拓留を気絶させようとする

戦いの最中、ディソードを通して世莉架の記憶が雪崩れ込んでくる
世莉架の企みが全て拓留にバレる

拓留は全ては自分のせいだと絶望する
自首しようとする世莉架を止めて拓留は世莉架を普通の女の子へと戻すことを決意
最後はギガロマニアックスとしての力を失うまでの力を発揮し世莉架を普通の女の子へ

そして拓留は自首してEND

後味悪いけど一周目はこんなものか

世莉架がニュージェネの再来事件を起こした理由の原因が
西條拓巳の逆転劇にあったわけ
拓留が西條拓巳に憧れてしまった
ほんとにタクは罪な男ね
拓巳は香月√で出てくるから後で書く

来栖のギガロマニアックスとしての能力とか気になる点があったけどこれは個別√で分かるだろうと放置

やった個別√の順番は
雛絵→香月→うき→来栖
の順

うき√をクリアしたのに未クリア扱いになってた保存ミスがあったけど他は何事もなくクリアできた

雛絵√
雛絵の過去が分かった
雛絵の能力が嘘を見抜くこと
それは雛絵が家族に真実を求めたから
拓留にも真実を求めた
すれ違いはあったけれど拓留とは真実で繋がることができた

オチがリア充エンドかと思ったらBADエンドだった
科学ADVらしいこっちゃらしいね


香月√
香月が喋らないのにもちゃんと理由があった
香月もまたギガロマニアックスだった
ギガロマニアックスとしての能力を制御できないため他人と喋らないことで被害がでるのを防いでいた
香月の能力はナイトハルトが解説してくれました
ナイトハルトは渋谷地震後は能力を失ったんだけど将軍の記憶を引き継いでるからギガロマニアックスの能力について詳しい
ただ、リア充アピールが酷かった
平日の昼間っから全国を飛び回ってるのはおかしいそう言ってやれ
拓留にクズ認定されてたのが面白かったね
香月を見下してるし


ナイトハルトは2019年に引きこもりって自分で言ってたし、2015年時点も引きこもりって可能性が高いよね
委員会に追われてるっぽかったけど
委員会は消そうと思えばすぐに消せるんじゃ?

和久井が委員会の手先だとナイトハルトが知らせてくれた
ナイトハルトの情報網半端ねえ
さすが英雄っす!!
(´-`).。oO(セナにでも聞いたんだろう…)

香月√は和久井を倒すことが目的だった
和久井はギガロマニアックスで手加減なし
負け戦かと思われた戦いも
香月の能力によって予想外な結末へ
力士シールマンは想定外だわ
あんなのあり得ん



うき√は前の二つと違って結衣が死んだところから始まる
うきの能力が暴走して拓留を妄想の渋谷へと引きづりこんでしまう
妄想の世界で色々起きるわけですが拓留が生き生きしすぎてヤバイ
てっきり拓留の妄想をうきが具現化したと思ってたんだけどまさかのうきの妄想だった
伊藤が結衣を殺してるのをみたうきが冷静さを失い、ディソードで伊藤に斬りかかる→伊藤にはまだ正気があると気づいた拓留が止めにかかり刺される
って流れかと思ってたのに実際は
うきが拓留に刺されるという流れだった

命は助かったもののうきは妄想の中で死んでしまう
身体は人形みたいになってしまったということ

それを拓留が一生介護するという見てられない終わり方でした…



来栖√
ヒロインの中で一番長かった√でした
こんなに長いってことはやっぱり来栖は…死んだのか?
そう思ってたけどトゥルーではちゃんと生きてました\(^o^)/
佐久間の死により、施設にいられなくなった拓留達は
ボロアパートに家族四人で住むことになる
隠し事はしないという約束をしたのに来栖は何か隠し事をしている
拓留は突き止めようとしたけど来栖の言葉によってやめる
だけど世莉架が思考盗撮によって来栖の過去を暴露
拓留は信じられなかった
だから来栖の「世莉架の嘘」という言葉を信じた
だけどそれは神成さんの証拠によって事実だと思い知る
来栖乃々は南沢泉理だった
南沢泉理の来栖乃々になりたいという願望
それが渋谷地震の際、ギガロマニアックスの能力が覚醒し、来栖乃々の姿を手に入れる
来栖の言葉の嘘も南沢との関係も全て分かりますた
川原くんが出てきたんだけど
ガチでクズですわこの人
生徒会やってるのに知能レベル低すぎだろ
ほんと仕事務まってんのか?

最後は南沢泉理に戻り、世莉架を消してエンディング
これはこれで悪くなかった
他がくそったれなだけに


お待ちかねのトゥルー
世莉架編と表示されてた

一周目の普通の女の子に戻った世莉架のお話

まず、びっくりしたのが

カオスチャイルド症候群について

碧朋学園は普通の学園ではなかった
カオスチャイルド症候群患者の施設だった
カオスチャイルド症候群はカオヘの将軍と同じく、外見が老けてしまう病気だった
病気なんだけども本人達に自覚はない病気だった

普通の人間と同じ姿で同じように生きていると思い込んでいる

来栖と世莉架との写真が残ってたんだけど
来栖の肌が老けてる…
oh…
将軍を始めて見たときはかなり衝撃受けたんだけどもそれ以上の衝撃

これは気づけない
気づけたとしても回転DEADのときじゃないかな?
あの被害者の顔がこれだったし

世莉架が自分の過去を知りたくて久野里及び拓留達に近づいて行く
プレイ中は切なかった
世莉架が拓留を犯人と睨めつけて攻撃的な口調になってたことが
本当のことを教えてやらない拓留も拓留だけど
本当に切ない

彼女が決めたことなら
いいと言ってくれる
拓留はいい奴

カオスチャイルド症候群を治すために和久井が持ち去った施設を探すことに
世莉架が場所を知っていてそこまで案内
拓留から色々なことを聞いた世莉架
攻撃的になったりしたけど世莉架は拓留の優しいを感じ取る
大嫌いって言ってしまったけどこの人はいい人なのではないか?と思い始める

和久井の襲撃にあい、事件について思い出す
拓留は世莉架のことは知らないと徹底
だから世莉架はこれ以上詮索はしない

それで別れる

世莉架が記憶を辿るようにしてヒカリヲへたどり着く
ヒカリヲの劇場で自分の記憶について分かってしまう
涙をこらえるために上を見る
すると光で目の前が真っ白になる
そしてエンディングが流れる

ほんとこの流れは卑怯

泣いてしまった

感動的な演出ですよね
記憶に残るものだよ


エンディングで曲を聴きながら歌詞の意味を考える
それで気づきました
世莉架の心情が歌になってる

。( ゚இᾥஇ゚)。

。( ゚இᾥஇ゚)。

。( ゚இᾥஇ゚)。


はじめて聞いたとき以上の感動が襲ってきた

これで終わりではなかった
アフターストーリーもありますた

カオスチャイルド症候群は拓留達の手によって回復
来栖達も現実の姿を自分で認識できるようになり、リハビリをして元に戻りました
来栖は南沢として生きて、香月は自分の口で喋る
香月が喋っただけでまたなきそうになった

発売日にトゥルー見た人が居たけど
絶対個別√見てないよね
短時間でクリアできるわけない

ちゃんと楽しもうよ

うき、雛絵、香月、南沢パートのあとは
宮代拓留

カオスチャイルド症候群のための研究は終わったので警察へ行くことに
ここで伊藤が無事だってことがわかりました

移送するための移動のときにAH東京総合病院の

世莉架が生まれた場所

である人物と目があう

それは世莉架だった
偶然かもしれなかった
でもたしかに世莉架はいたのだ

世莉架が友達と居て
友達「世莉架、あの人知り合い?」
世莉架「ううん、知らない人」

拓留は刑事といて
刑事「どうした?」
拓留「いえ、なんでもないです」

そしてfin..


もうぼくの涙腺はダメですね…

これはシュタゲを超えるとかの話ではない
一つの作品として他と比べようもないくらい素晴らしい作品
信者っぽく聞こえるかもしれないけど
一生このシリーズについて行こうと思った

千代丸さん 、ありがとう!

くそったれなゲームでしたっ!!