積みゲー雑記 ver.2.31

得意なことはゲームを積むことです。

妖怪ウォッチに群がるようかいたち

地元のスーパーに妖怪ウォッチのゲーム機があると聞いて
最初は興味なかったんだけども
「妖怪メダルさえ持っていれば無料で遊べちまうんだ」
さらにおみくじで大吉をだせば
「”無料で”メダルが貰えちまう
なんということだオーマイガッ!!」
と弟に吹き込まれたので行ってきた

夜だから人はいないだろうと思ってたけど先客がいた
まず妖怪ウォッチのゲームをする子供、
その隣にはおばあちゃんとおじいちゃんがいた

見守ってるだけだろうと気にしてなかったんだけど
子供がゲームしてる間に近くの妖怪ウォッチのガチャガチャで何個か買って、子供に渡して、子供がカプセルの確認をしてる間におばあちゃんがプレイ

(´-`).。oO(まさかこのババア、順番を譲らないつもりかっ⁉︎)

なんて思いつつ見てたけど普通に譲ってくれました

弟と来ていたので弟にプレイさせてぼくは見てるだけ
ゲームの流れは

まず妖怪メダルをスキャン
ゲームモードを選択
敵が現れる
3個まで妖怪メダルをスキャン
バトル
おみくじ
おわり

おみくじは勝敗によって結果が変わるそうです
勝てば当たる確率が上がる
大吉をだせば無料でメダルが貰えるとのこと
弟が二枚ほど当たったメダルを見せてくれました
f:id:Gorobon:20141108234057j:plain

大吉と書かれたオレンジ色のメダル

これは何円で売れるんだ⁉︎(業者乙)

ゲームモードは二つあってバトルと
メダルを召喚して見るだけのモード?があった

ゲームはターン制のバトルで順番がきたらタイミングよくボタンを押すと
攻撃が通り、
外すと攻撃が外れる
といった感じの
ゲーセンによくある類のゲーム

弟は2回ミスして、敵の体力がまだ半分あったのに
最後のチャンスだ!
と画面に表示されて
成功したらあっさり倒してしまった

逆転要素があるんですね
おみくじは中吉でハズレ

次の人(さっきの子供)に譲る

時間があったから弟があと一回だけやったんだけどゲーム中に後ろ斜めから突き刺さるおじいちゃんの視線が痛かった
わざとらしい咳払いするし、
早くどけと言わんばかりの顔で俺たちをガン見してる
おばあちゃんはまたガチャガチャを何個買ってる

そしてゲームが終わるとハイエナみたいに筐体に群がるおじいちゃんとおばあちゃんたち
その姿はまるで現代に生きる妖怪
老害ウォッチ”

明かに見てるだけじゃないよね
ぼくは前に見たことがあるよ
娘がアイカツをしているところを嬉しそうに画面を覗くお父さん

彼もまたアイカツおじさんのなり損ないなのだろう


見てるだけってのは案外迷惑なのかもしれない
大人が筐体を占拠するように囲まれてたら子供並びづらいだろう
順番がきたら譲ってくれるか不安にもなるし
オタクよりたちが悪い


遠くから見守ってるくらいちょうどいいんだよそれ以上干渉するな




(レンタルしたCDとDVDを書き留めるだけのつもりだったのに脱線してしまった…
まずい言葉使ったけど大丈夫よね…)